中古クレーンも取り扱っている|バス以外にも重機の需要もあり

女の人

外国で人気の日本車両

トラクター

東南アジアで人気

日本の中古バスは使用期限切れとなった場合、活躍の場をタイやベトナム、ラオス、ミャンマーなど東南アジアに移します。その場合、塗装を直さず日本で使っていたバス会社の名前が残っていたりします。言葉の通じない外国で日本語が書かれた中古バスを見るのは不思議な感じです。けれど現地の人にはそれが当たり前の生活になっています。これは塗装費用を節約しているのも理由のひとつだそうです。現地の人に聞いてみると、大きな理由はバスが日本車であることをアピールするためなのだそうです。日本製の車の性能がいいことは世界中に知られています。その車を持っていることはひとつのステータスなのです。なかには車内広告も残してある中古バスもあるほどです。

出回り始めた外国製

東南アジアでは日本の右ハンドルと違い左ハンドルのところも多いのですが、中古バスは運転席やドアの改造もせずに使っていたりします。日本の中古バスが特によく使われているのはラオスやミャンマーです。ミャンマーも左ハンドルですが、日本の中古バスが改造もせずそのままの姿で走っているのをよく見かけます。けれど最近東南アジアの国々では右ハンドルに対応した韓国製の中古バスが出回り始めました。日本製に比べてかなり安い費用で購入できるからです。また中国製のバスも多くの国に進出してきました。マカオでも以前は日本製のバスが多く使われていましたが、今では中国製が見られることが多くなりました。しかし今でも日本の中古バスの人気は根強いものがあり多くの国々で利用されています。