中古クレーンも取り扱っている|バス以外にも重機の需要もあり

女の人

観光車両が人気の理由とは

バス

外国人ツアー客の増加

中古バスの需要が高まっている背景には、中国をはじめとする訪日外国人のツアー団体客の増加があります。2015年の訪日外国人観光客は11月の時点で過去最高の1796万人を突破しています。それに加え、日本人のシニア層の国内ツアーの利用も堅実に伸びてきているからです。国内のツアー客が増えることでバスの需要も増え、大手のバス生産メーカーは受注が追いつかないほどの活況を示しています。車両不足を補うためバス運行会社は中古バスを購入して需要増に対処しようとしているのです。それでも需要を補えていない現状が続いています。中古車の価格も以前よりかなり高騰して比較的新しいものなら新車並みの価格で取引きされているほどです。

減少した輸出

中古バスの行き先は以前はタイ、カンボジア、ベトナムなど東南アジアが主でしたが、日本での需要が高まったために輸出も減っています。それに日本は右ハンドルで、東南アジアの多くの国は左ハンドルのため運転席やドアの位置を改造しなければなりません。最近は韓国製の左ハンドルの中古バスが進出してきているのも日本製の需要が減っている原因となっています。また中国車も多く出回るようになってきていて、韓国車よりも需要を伸ばしている国もあります。東南アジアでの需要が減った分、日本の中小のバス観光会社が中古バスを購入することが多くなりました。新車の需要が多すぎて小さいバス観光会社は購入することが難しく年数の経った中古車を購入しているのです。